So-net無料ブログ作成
検索選択

勝ちたいなら、とりあえず“期待値”! [パチ・スロひとこと]

今回はパチンコパチスロを攻略する上で欠かすことの出来ない
「期待値」について考えてみたいと思います。

パチンコやパチスロで言う「期待値」というのは
投資額に対して戻ってくる割合や期待収支のことを言うようです。
主にパチンコでは 「ボーダーライン(千円あたりの回転数)」に付随する形で
パチスロでは 「機械割」「PAY OUT」という形で
表記されることが多いようですね。

とりあえず「ボーダーライン」なら±0円以上(の回り)
「機械割」や「PAY OUT」なら100%以上の数値を示していれば
勝つ可能性の方が高くなる、と理解しておいてください。


ここで注意しておきたいことがあります。
「期待値」というのは、文字通り「期待できる値(あたい)」です。
この通りに必ず結果が出る、というわけではありません。

あくまで膨大なゲーム数(回転数)を重ねた上で
最終的に達成される数値
なのです。
たった1日で、その数値通りの結果が出るわけがないので
誤解なさらないようにしてください。
しかも、打つ台の状況やプレイヤーの技量も影響しますので
そこまでキッチリ結果が出ることはないと思います。


さて、この「期待値」ですが、どうやって出すと思いますか?
聞くところによると、基盤を解析して、あらゆる数値をはじき出して、
さらにパソコンシミュレーションをして総合的に出しているようです。
まあ、私のような素人ではまったく手に負えない技術ですね。
頑張っても仕方がないので、プロの方におまかせします(笑)。
当然ながらプロの方がはじき出した数字は信頼のおけるものです。
これは絶対に利用すべきアイテムかな、と思います。

とりあえず、私が勝つためにやることといえば
「出来るだけ期待値の高い台を、出来るだけ長く打つ」
これしかありません。
発想としては実に単純ですし、分かりやすいでしょう。
実際、これで結果を出している人がほとんどですし
私自身もこれで勝っているという実績もあります。
だからこそ、皆さんにもオススメしているわけです。



逆にオススメしづらいのは
ちまたで“オカルト”と呼ばれている攻略法です。

なぜ、オススメ出来ないかといいますと
攻略法に至るまでの根拠が、あまりにもあいまいだからです。

とある雑誌では読者からの投稿を1回試し
「効果があると思います」という結論に達していました。

1回試して1回効果が出たから攻略法・・・
正直、ビックリしてしまいますよね。
「鼻くそを食べてたら、魚群が出て当たった
          →鼻くそを食べることは攻略法」
こんなことだって成立してしまうわけです。

オカルトの中には、もしかすると本当に
勝率をアップさせる攻略法が存在するかもしれません。
頭ごなしにないと否定するのは、あまりに短絡的だと思います。

ただ、攻略法として認めるにはあまりに試行回数が足りないと思うんです。
10回やそこらの試行では、偶然が重なれば全部成功なんてこともあり得ます。
1000回やって700回勝ちにつながったというなら、文句はないかなと思いますが・・・。

とにかくオカルトは人によって言っていることがバラバラで
何が本物なのか分からないのが現状です。

私は、それらを使用するなら、どれが本物なのか確かめる必要があると思うんです。
しかしながら、それをやっていたのでは時間やお金がいくらあっても足りません。
従って、私は 「期待値中心の立ち回りで十分」という結論に達しているんです。


「期待値」を取るか、「オカルト」を取るか、他の立ち回りを取るか・・・。
これは人それぞれの楽しみ方なので、どれがいいとは言い切れません。
とりあえず、私のブログでは一番試すのに経済的だと思える
「期待値」を中心に進めていきたいと思います。


それでは。

それでは。

 

↓応援のクリックをいただけると大変励みになります。
 (クリックすると「パチンコ・スロットブログ村」もしくは
  「人気ブログランキング」のホームページへ飛びます) 。

にほんブログ村 パチンコブログへにほん?uログ村 ?Xロットブログへbanner_02.gif

 

 よろしくお願いします!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。